グルメ

【坂上&指原のつぶれない店】断面グルメとして名高い『羊羹ファンタジア』をお取り寄せ

 
5月23日(日)の『坂上&指原のつぶれない店』は【断面グルメ戦争】をテーマに放送されます。

むー子
断面グルメってなんだろう?

 
カットした断面が、美しくカラフルな食べ物のことを指します!

断面グルメの中でも近年ではフルーツサンドが代表的ですよね。

このフルーツサンドを筆頭にフルーツ大福やケーキ、おにぎり、食パンなど・・種類は様々。

SNS映えすることから、InstaglamやTwitter上でも断面グルメ関連のハッシュタグがひしめき合っています!

SNS映えを狙う若者たちのあいだでは、この断面グルメに萌えることを略して
萌え断断面萌えというワードも生まれているんですよ。

そんな断面グルメ戦争が勃発している中。

今回は『坂上&指原のつぶれない店』でも放送予定の

会津長門屋さんの「羊羹ファンタジア」をご紹介したいと思います。

見た目もさながら、老舗和菓子屋さんの名品なので年齢問わず、

プレゼントとしても最適のお品だと思いますよ^^

 

この記事で分かること
  • 会津長門屋 「羊羹ファンタジア」の紹介
  • 会津長門屋 「羊羹ファンタジア」のお取り寄せ方法

 


 

【羊羹ファンタジア】は老舗和菓子店から誕生。切るたびに絵柄が変化。見た目はもちろん、味わい深い羊羹。

 

「羊羹ファンタジア」は福島県会津若松の「長門屋本店」で販売されています。

1.「長門屋本店」は1848(嘉永元)年創業の老舗和菓子店。

会津藩主から命を受けて、福島県会津若松で開業。地元で愛される和菓子店です。

2.多くの和菓子店が機械を取り入れる中、手作りにこだわっている。

和菓子を手にする人は笑顔になるを信じて、職人の方が代々和菓子を作られています。

そんな職人さんの思いから、「羊羹ファンタジア」は誕生しました。

箱から取り出すと一本の羊羹なのですが、切るたびにパラパラ漫画のように絵柄が変化していきます。

夜空のグラデーションを背景に三日月から満月へ。

そして鳥が羽ばたいていく姿が映し出されて暮れ行く空色、変わりゆく山並みがジャズメロディーのような味わい深い羊羹なのです。

「Fly Me to The Moon」(私を月に連れてって)と名付けられた菓銘がしっくりきますね。

ちなみにパッケージにもこだわりが。

福島県出身の日本画家、舛田玲香さんの書き下ろしデザインです。羊羹の世界観にあった美しい色とりどりの景色が描かれています。

開ける前からワクワクしちゃいますね。

むー子
ロマンチックでこだわりが詰まった素敵な羊羹。私も食べてみたい!どんな味がするんだろう?

【羊羹ファンタジア】6層の贅沢な味わい。爽やかな甘さと大人の味わいでワインとの相性も抜群

「羊羹ファンタジア」は6層の贅沢な味わいを楽しむことができます。

絵柄の山並みは小豆羊羹。暮れゆく空色はシャンパンのゼリーのような錦玉羹です。

そして絵柄が変わってゆく中の鳥と月はレモン羊羹。

これらの三種類の羊羹たちが爽やかな味わいを演出してくれます。

さらにこの羊羹たちの上にはクランベリーや国産の鬼クルミ、レーズンがトッピングされています。
和菓子ですが、紅茶やワインとも相性抜群。

少し大人な味わいを楽しむこともできるんですよ。

フォークを入れる場所によって異なる美味しさをお楽しみいただけます。

見た目だけでなく、美味しさも魅力的な要素がたっぷり詰まっているんですね。

【羊羹ファンタジア】はどこで買える?お取り寄せ方法

「羊羹ファンタジア」は福島県会津若松市の老舗和菓子店ですが、全国からお取り寄せもできるようです!

会津 長門屋のオンラインショップ

  1. 会津 長門屋のオンラインショップから購入する
  2. ※販売状況によっては、品切れの場合もございます。

    今だとオンラインショップでは、父の日ギフト特集も開催されていましたよ。

    贈り物としても最適のお品ですよね。

    「羊羹ファンタジア」だけでなく、歴史ある老舗和菓子店なので様々な種類の和菓子があるようです。

    公式Instaglamもあるので、こちらからも最新の情報をチェックしてみてください。

     

    【羊羹ファンタジア】お取り寄せやまとめ

    「羊羹ファンタジア」の商品情報やお取り寄せ方法をご紹介しました。

    老舗和菓子店のこだわりが詰まった魅力的な羊羹。

    パラパラ漫画のように変わりゆく羊羹の物語を楽しみながら、一切れずつの味わいを楽しみたいですよね。

    お取り寄せして、老舗和菓子店の和菓子でおうちカフェを楽しむのもいいですね♪

    最後までお読みいただきありがとうございました。